ブラックハットSEOってダメですか?Googleって・・・

今回はブラックハットSEOについて、記事にしていきます。

先日、サポートしている仲間から、

「稼ぎ頭の記事が、圏外に飛んでしまったのですが…」

「どのように対応したら良いですか?」

という相談を受けました。

他にも、

「アクセスが急に減ってしまって・・・」

と落ち込んでいる方もいます。

Googleのアップデートの影響を受けたのは、物販アフィリエイトを実践している方が多かったようです。

ちなみに、ブラックハットSEOとは、被リンクや中古ドメイン等を使う手法。

Googleのアルゴリズムが正しく機能しないため、ブラックハットSEOと呼ばれています。

ブラックハットSEOはダメか?

私はこれまで、物販アフィリエイトでは、ブラックハットSEOを使ったことがありません。

ですから、私がサポートさせていただいている方も、コンテンツ重視のサイト作成に取り組んでいます。

にもかかわらず、今回のGoogleのアップデートでは、コツコツと作成してきたサイトの順位が下落しているのです。

私にとって久しぶりに、納得できない出来事でした。

正統派のコンテンツ重視で作ったサイトを飛ばすなんて、

「Googleって独裁者?」

「Googleのアルゴリズムって大丈夫?」

と思ったわけです。

私が適当に作った決済系アプリのブログは、逆に絶好調になっている。

「絶対に、おかしいでしょ」

他にも、ペラサイトが、上位表示のままだったり。

で、私は考えました。

ブラックハットSEOといっても、Googleが認めないだけでしょ。

ブログやサイトをネット上にアップするのに、Googleの許可は必要ない。

ネットはGoogleのものではないからです。

確かに、ネットビジネスを行う上で、Googleを無視はできないでしょう。

でも、Googleが正しいジャッジが出来ないのであれば、従う必要はないのでは。

ということで、私はブラックハットSEOを、学んでみたいと思う。

ブラックハットSEOは有効か?

ネット上では、実践もせずに独自の理論を展開する人が多い。

独自の理論を展開する根拠は、ネット上の不確実な情報がほとんど。

ブラックハットSEOにしても、

  • ブラックハットSEOはリスクが高い
  • ブラックハットSEOはもう通用しない
  • ブラックハットSEOは作業量が多い

などと言った感じです。

ブラックハットSEOはリスクが高い?

ブラックハットSEOは確かにリスクは高いですが、本当でしょうか?

私も以前までは、

「ブラックハットSEOでは安定しない」

と思っていたのです。

ですが、真面目に1年間コツコツブログを育てても、最終的にGoogleの気まぐれで記事を圏外に飛ばされたら同じじゃないですか?

というか、時間をかけている分、ホワイトハットのほうがリスクが高いのでは。

しかも、膨大な作業時間が無駄になれば、ネットビジネスから撤退する人が増えてしまうのでは。

(※実際は、無駄な作業など一つもありません。)

一方、ブラックハットSEOの場合、数ヶ月でサイトを上位表示させます。

仮に、1年でサイトが圏外に飛んでも、既に十分な収益を上げている可能性が高いです。

ですから、ブラックハットSEO実践者は、再度同じ作業を行うことに抵抗がないと思います。

私が出した結論は、ブラックハットSEOだけがリスクが有るという考えは、必ずしも間違いではない。

ブラックハットSEOは時代遅れなのか?

ブラックハットSEOでは、現在は上位表示できない、という意見も。

ですが、ブラックハットSEOで上位表示されているサイトは、実際多いのです。

(※例を出すと説明がしやすいのですが、サイトオーナーに迷惑がかかるので紹介は控えます。)

しかも、先日のGoogleのアップデートでも、びくともせずに上位表示されたままのサイトも多い。

今回のGoogleのアップデートでは、中古ドメインの強さが目立ったという話も。

ということは、ブラックハットSEOは、今でも十分に通用すると考えていいでしょう。

ブラックハットSEOは作業量が多いのか?

一般的に、ブラックハットSEOでは、ペラサイトを量産します。

そして、検索順位が上がりそうなサイトに、手を加えていくのです。

被リンクの数を増やしたり、コンテンツを充実させたりといった感じ。

また、売れ始めた商品のサイトは、横展開も行う。

例えば、「ベルタ酵素 口コミ」のキーワードで作ったサイトで、売上が上がったとします。

更に収益を伸ばすために、「ベルタ酵素 評判」のキーワードでも、サイトを作成するのです。

ブラックハットSEOでは手を動かすことで、収益を拡大していきます。

でも、アフィリエイトはビジネスです。

収益を上げるために作業量が多くても、見合った報酬があればいいのでは。

ホワイトハットで稼げないのに、ブラックハットの作業量を批判するのはおかしいでしょ。

ブラックハットSEOの有効性

いろいろ書きましたが、結論を言うと、ブラックハットSEOは現在でも有効です。

ただし、ブラックハットSEOは以前ほど旨味がない、という人もいます。

私はブラックハットSEOを実践していないので、明確な事は言えません。

ですが、ブラックハットSEOが以前ほど旨味がないと言った人は、現在でも月に数千万円を稼いでいるのです。

「十分でしょ」

と言いたくありませんか?(笑)

というか、

「数千万円も稼げるの?」

と私なら思います。

とにかく、ブラックハットSEOでも、大金を稼ぐことは可能です。

ブラックハットSEOを学ぶ

私はこれから、ブラックハットSEOを学んでいこうと考えています。

自分の知識欲を満たすため、だけではありません。

私がサポートしている仲間と、情報をシェアするためです。

でも、今回は自力では難しい。

なぜなら、ブラックハットSEOに関しては、私は上辺の知識しか持っていないからです。

そこで、私は知り合いが入っている高額塾に、参加してみようと思っています。

ブラックハットSEOに関しては素人同然なので、半年で収益化出来ればいいかな。

ブラックハットSEOについて

今の私は、

「SEOにブラックもホワイトもない」

と思っています。

ブラックハットのサイトで商品を購入した人が、不幸になるわけではありません。

逆に、ブラックハットのサイトで素敵な商品を購入して、幸せを感じる人だっているでしょう。

要は、アフィリエイターはサイト訪問者に、有益な情報を提供できればいいのです。

提供した情報の見返りが、アフィリエイト報酬ではないでしょうか。

だからといって、私はあなたに、ブラックハットSEOを勧めるつもりはない。

私は実践もせずにネット上の情報だけで、ブラックハットSEOを批判したくないだけです。

あとは、サポートしている仲間のために、なにか行動を起こしたい。

頑張って収益を上げていた仲間が落ち込むと、私まで辛くなる。

何も出来ないかも知れませんが、私が出来る行動を取ることにしました。

今後は、作業の進行状況を、ブログに書いていくかも知れません。

興味があれば、たまに覗いてみてください。

本日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

この記事に関する質問は、コチラからどうぞ。

飯塚